肉離れ

公開日

最終更新日

肉離れの場合、主にどのような治療をしますか?

まつだ整形外科クリニック 整形外科

栗原 信吾 監修

肉離れが生じた直後は「RICE処置」と呼ばれる冷却や圧迫などの応急処置を行います。その後、重症度に応じたリハビリを行います。

解説

肉離れの治療法は、主に急性期(肉離れ直後〜3日)、亜急性期(3日〜1週頃)、回復期(1週以降〜)で異なります。

急性期(肉離れ直後〜3日)

肉離れ直後の応急処置として「RICE(ライス)処置」があります。これは「Rest(安静)」「Icing(冷却)」「Compression(圧迫)」「Elevation(挙上)」の4つの頭文字をとって名付けられています。早めに応急処置をすることで、腫れや痛みを抑える効果が期待できます。
RICE処置の具体的な内容は以下の通りです。

①Rest(安静)

まずは安静を保ちます。痛みがある場合、無理に動かさないことが大切です。

②Icing(冷却)

ビニール袋に氷を入れて患部に当て、15〜20分ほど冷やします。なるべく患部には直接氷を当てず、アンダーラップ(皮膚を保護するためにテーピングの下に巻く特殊なテープ)を巻いたりタオルを間に入れたりするようにしましょう。感覚が鈍くなってきたら氷を外し、感覚が戻ってきたら再び氷を当てます。これを何度か繰り返してください。

③Compression(圧迫)

患部に包帯やテープを巻いて圧迫し、腫れや内出血を最小限に抑えます。きつく巻きすぎると逆に血流障害が生じるため、足の色が悪くならない程度の圧迫がよいでしょう。

④Elevation(挙上)

痛む部位を心臓より高い位置に挙げておくことで、腫れの軽減を図ります。

以上のRICE処置に加え、痛み止めの内服なども有効です。また、歩行が困難な場合には松葉杖を使用する場合もあります。

亜急性期(3日〜1週頃)

筋肉の炎症症状が落ち着いてくるまで、電気を当てるリハビリなどを行います。

回復期(1週以降〜)

痛みが落ち着いてきたら、徐々にストレッチや筋力トレーニングなどのリハビリを開始します。肉離れを起こした筋肉だけでなく周囲の関節の柔軟性や、さらには体幹の安定性を高めることも重要となります。

スポーツへの復帰の適切なタイミングは、重症度により変わってきます。軽症の場合には2~3週で復帰が可能ですが、重症の場合には完全な復帰まで数ヶ月を要します。
また、筋肉だけでなく腱が大きく断裂している場合には、ごく稀に手術が行われることもあります。

関連する質問
5分で症状をチェック(無料)
肉離れについて、知りたいことを選んでください
関連する病気と症状

(参考文献)

こちらの記事は参考になりましたか?
よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

こちらは送信専用のフォームです。氏名やご自身の病気の詳細などの個人情報は入れないでください。

この記事をシェアする

他に気になることを調べたい方は

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる(無料)
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す(無料)
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる(無料)
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる(無料)

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。