大量の発汗にともなって汗の正常な排出が妨げられると、汗の通り道が詰まって皮膚の内側に汗がたまってしまいます。
これによって起こる皮膚の炎症を総称して汗疹といいます。
汗疹には、赤みやかゆみを伴うもの(いわゆる「あせも」)とそうでないものがあります。