心タンポナーデ

最終更新日

心タンポナーデの原因は何ですか?

おだかクリニック 循環器内科 副院長

小鷹 悠二 監修

回答

大動脈解離や心筋梗塞、心膜炎、悪性腫瘍外傷、心臓カテーテル検査・治療や外科治療などが原因となります。

解説

心タンポナーデの原因となる、心嚢(しんのう)液の貯留の原因は、以下の2つに分けられます。

心臓壁の損傷によって血液などが心嚢に溜まる場合

心臓の壁などに物理的な損傷が生じると、心臓内の血液などが心嚢(心臓と心臓を覆う膜との間にある空間)へと流れ出して溜まってしまうことがあります。
このケースを引き起こす原因としては、以下のような病気などが挙げられます。

炎症などによって滲出液が貯留する場合

炎症などによって液体(滲出液:しんしゅつえき)が徐々に心嚢内に溜まってしまうことで、心タンポナーデを発症するケースもあります。
具体的な原因の代表的なものは以下の通りです。

  • 心膜炎
  • 悪性腫瘍の進行や転移

関連する病気と症状

(参考文献)

心タンポナーデが気になる方はチェック

心タンポナーデに関連する病気や症状

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社