温度や湿度が高い環境に長い時間いたり、その環境下で休みなく運動したりすると、体温の調節がきかなくなって高温のままになってしまうことがあります。
この状態を原因として発症する諸症状のことを熱中症といいます。

高齢の人や持病のある人は重症化しやすいので、熱中症を起こさないようにあらかじめ対策することが重要です。