鉄剤や止血剤などの内服で治療を行う場合、症状を見ながら、どの程度内服が必要か判断します。
出血が多かったり生理痛がひどかったりといった月経困難症をともなう場合は、卵巣のはたらきを抑える薬の内服や、ミレーナの挿入も検討します。
(ミレーナとは、レボノルゲストレルというホルモンを子宮内に直接放出することで、月経にまつわる症状を緩和する医療器具です。)
手術を行わないこれらの治療は、原則的には閉経まで継続します。
症状が改善した段階で治療を終了したい場合は、主治医の先生に相談してください。

また、手術以外の治療法で対応が難しい場合や、貧血などの症状があまりに重い場合には、手術の実施も検討します。
手術の方法は、子宮筋腫の大きさや部位、出産を希望するかどうか(子宮を残すかどうか)などによって変わってきます。
手術を行うか、行うとしたらどの方法を選ぶかについては、主治医の先生と相談して決めていきましょう。