原則的には、閉経まで内服を続ける必要があります。
症状に応じて対応が変わることもありますので、主治医の先生と相談してみてください。