小さなものも含めると、30歳以上の女性の20〜30%に見られると言われており、誰がなってもおかしくない病気です。