子宮にできる良性の腫瘍を子宮筋腫といいます。
月経があるうちは腫瘍が大きくなる可能性がある一方、閉経後は徐々に縮小していきます。
癌化する(がんになる)ことは基本的にはありません。

子宮筋腫は、できる部位によって、粘膜下筋腫・筋層内筋腫・漿膜下筋腫の3種類に分けられます。
粘膜下筋腫は、腫瘍が小さくても過多月経(出血量が多い)や過長月経(月経が長引く)などの症状をきたしやすく、貧血や不妊症の原因となることもあります。
筋層内筋腫は、腫瘍が小さいうちは無症状ですが、大きくなってくると粘膜下筋腫と同様の症状を認めるようになります。
漿膜下筋腫は、大きくなるまで無症状のことも多いです。