内診や超音波検査、腹部のMRI検査などを行います。

内診では、子宮や卵巣にしこりがないか、腫瘍が大きくなっていないかを、膣の中に指を入れて直接確認します。
超音波検査では、子宮や卵巣周辺に異常がないかを、超音波で画像を撮って確認します。

超音波検査の方法は、経腟超音波検査(膣内に機器を入れて画像を撮る)が主になります。
経腟超音波検査を行うのが難しい場合は、経腹超音波検査(お腹の上から画像を撮る)や経直腸超音波検査(肛門から直腸内にエコーの機械を挿入して画像を撮る)の実施を検討します。

内診と超音波検査だけでは十分な結果が得られないときは、腹部MRI検査を行うこともあります。