ユビー

一酸化炭素中毒
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

「一酸化炭素中毒」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

一酸化炭素中毒と関連性のある病気

適切な診療科

一酸化炭素中毒でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「一酸化炭素中毒」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

炭素が含まれる物質が不完全燃焼した場合に発生する一酸化炭素を吸入することによって、血液の酸素を運ぶ能力に障害をきたす中毒の一種です。身の回りでは暖房器具やタバコの煙で発生しやすいとされています。症状はめまいや吐き気、頭痛、集中力の低下、神経障害などです。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 頭痛がある・頭が重い
  • 吐き気・嘔吐がある
  • 意識を一時失った
  • めまいがする
  • 頭や体がぐらぐら揺れているような感じ
  • おでこ付近の痛みがある
  • 最近目が見えにくくなった
  • 日中も著しく眠く、うとうとしたりよく仮眠をしている
  • 体のだるさがある
  • 手足の指が青白い

対処法

血液検査で一酸化炭素濃度を計測して診断します。新鮮な空気や酸素吸入で治療を行います。重症度によっては高圧酸素での治療が行われることもあります。後遺症が残る可能性があり、疑うときは救急車を呼んでください。

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細