ユビー

先天性肥厚性幽門狭窄症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

「先天性肥厚性幽門狭窄症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

先天性肥厚性幽門狭窄症と関連性のある病気

適切な診療科

先天性肥厚性幽門狭窄症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「先天性肥厚性幽門狭窄症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

胃の出口の筋肉が厚くなって胃の出口が狭くなり、飲んだミルクが胃から腸に流れない病気です。治療開始が遅れると栄養不足で体重増加が得られないため治療が必要です。 手術が主流ですが、内視鏡や点滴の治療もあるため、治療法は専門医とご相談下さい。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • ミルクを沢山のんだ後に噴水のような嘔吐をした
  • 吐き気・嘔吐がある
  • 吐いた後にミルクを欲しがる
  • 食欲がない
  • お腹にガスがたまったり、張った感じがする
  • 血を吐いた
  • 体重増加が同年齢の平均と比べて悪い
  • お腹の痛みがある

対処法

お薬や手術などの治療があります。噴水のように勢いのよい吐き戻しが毎日つづく場合や、飲みや活気が悪い場合などは、すぐに受診を検討してください。

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細