「ギラン・バレー症候群」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

ギラン・バレー症候群

次の症状などが特徴として見られます。

  • 風邪や胃腸の症状が最近あった後で現在の症状が出て来た
  • 体の左右どちらか半分が動かせない
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 手足を思ったように動かしにくい、不器用になったと感じる
  • 顔面の筋肉が自由に動かない
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • ろれつが回らない
  • 顔や口周囲のしびれがある
  • 足の指のしびれ
  • 食べ物が飲み込みにくい

通常、すぐに生命に関わる深刻な状態になることはあまりありませんが、治療や診断には医療機関での受診・検査が必要です。症状が続く・悪化する・あるいは何か気になる症状がある場合は、早めに医師に相談してください

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
ギラン・バレー症候群の可能性
病院に行くべきか
ギラン・バレー症候群でおすすめの病院

「ギラン・バレー症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

顔が動かない
舌がしびれる
呂律が回らない
食べ物がつかえる
下痢気味である
手足を思ったように動かせない
しびれがある
椅子から立ち上がれない
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要