ユビー

ギラン・バレー症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

ギラン・バレー症候群について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

ギラン・バレー症候群と関連性のある病気

適切な診療科

ギラン・バレー症候群でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

ギラン・バレー症候群(Guillan-Barre症候群)とは

急性の免疫性ニューロパチーの代表疾患です。風邪や胃腸炎に感染してから1-2週間後に手足のしびれや力の入りにくさが出現します。その後、数日から2週間の間に急速に症状が進行します。重症例では歩行ができなくなったり、呼吸筋麻痺により人工呼吸器を装着する必要があります。また、ギラン・バレー症候群の亜型として、目が動かなくなりふらついて歩行できないフィッシャー症候群と呼ばれる病気もあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 熱が出る前に風邪や胃腸の不調があった
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • 体の左右どちらか半分が動かせない
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 手足を思ったように動かしにくい、不器用になったと感じる
  • 顔面の筋肉が自由に動かない
  • 顔や口周囲のしびれがある
  • 足の指のしびれ
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 手の指がしびれる

対処法

医療機関を受診し、検査を行い診断します。血漿浄化療法や経静脈的免疫グロブリン療法などの免疫療法を行います。

近所の病院検索

ギラン・バレー症候群(Guillan-Barre症候群)の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

診療科・専門領域

  • 内科
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細