診断のために、抗原検査やPCR検査を行います。
肺炎が疑われる場合には、胸部レントゲンやCTなどの画像検査も行います。
コロナウイルス感染症以外の病気が疑われるときは、血液検査などを行うこともあります。