公開日

最終更新日

この病気のQ&A : 58

しんがたころなういるすかんせんしょう

新型コロナウイルス感染症

同義語

COVID-19

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」は、SARS-CoV-2 ウイルスによって引き起こされる感染症で、発熱・咳・喉の痛み・頭痛などの症状を引き起こす病気です。疑わしい症状があれば、各都道府県の指針にしたがって受診し、自宅療養期間や濃厚接触者になった際の対応方法など確認し、感染を広げないように注意しましょう。

東日本橋内科クリニック 循環器内科 院長

白石 達也 監修

新型コロナウイルス感染症について、知りたいことを選択してください

病気について

濃厚接触者とはどのような人のことですか?

陽性の人と、発症もしくは検査の2日前の時点で、同居していた・マスクなしで会話をしたなど近くでの接触があった人のことです。

新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と接触した場合、何か制限や気を付けることはありますか?

特に制限はありませんが、感染対策を十分に行ってください

新型コロナウイルスの濃厚接触者は、自宅待機は必要ですか?

特に自宅待機をする必要はありませんが、ご自身の体調に注意して過ごしましょう。

新型コロナウイルスに感染した場合、自宅待機は必要ですか?

自宅待機をする必要はありませんが、発症してから5日間、加えて症状が落ち着いてから1日以上の外出自粛が推奨されます。

新型コロナウイルスの感染対策として、何をすればよいでしょうか?

手洗いをし、適宜マスクの着用をしましょう。

新型コロナウイルスの陽性者と同居している家族が、日常生活で気を付けることはありますか?

症状に気を付けながら、マスクの着用・手洗い・うがい・換気・共用部分の消毒を行いましょう。

新型コロナウイルス感染症とはどのような病気ですか?

SARS-CoV-2 という新型のコロナウイルスによる感染症です。

コロナでは、どのような人が重症化しやすいですか?

高齢・基礎疾患・肥満・喫煙などの要素があると重症化しやすいです。

新型コロナウイルス感染症を放置するとどうなりますか?

症状(咳・喉の痛み・発熱など)が数日間続いたのち、徐々に治まっていくケースがほとんどです。

妊娠時に新型コロナウイルスに感染した場合、子どもに影響ありますか?

妊娠の後期に感染すると、早産のリスクが高まります。

コロナ5類移行後の感染対策は何が必要でしょうか?

感染対策についてマスク着用や手洗いは引き続き有効です。

コロナ5類移行後は、これまでと何が変わるのでしょうか?

法律に基づく、感染者への一律な外出自粛要請をしなくなる、診療にかかわる負担が1〜3割となることなどが変更点です。

検査について

治療について

症状について

新型コロナウイルス感染症では、どのような症状が見られますか?

だるさ、咳、発熱、頭痛などです。ほかにもさまざまな症状があります。

新型コロナウイルス感染症と風邪やインフルエンザは似ていますか?

いわゆる風邪やインフルエンザの症状と似ています。

コロナ5類移行後、医療機関を受診する目安はありますか?

強い症状がある際など、受診をしましょう。

新型コロナウイルスに感染した場合、コロナ後遺症が残る可能性はありますか?

新型コロナウイルス感染症から回復した後にも、コロナ後遺症(罹患後症状)として様々な症状が見られる場合があります。

重症とはどういう状態ですか?

呼吸をしても酸素が取り込めず、集中的な治療が必要な状態です。

のどの痛み・鼻水・発熱といった風邪のような症状はいつまで続きますか?

症状が出始めてから1週間程度でよくなることが多いです。

デルタ株やオミクロン株など、流行株によって症状の違いはありますか?

風邪のような症状が強い、味覚や嗅覚に関わる症状が強いなど、流行株による症状の違いがあります。

お腹の症状があったら新型コロナウイルス感染症ではないですか?

お腹の症状から出はじめることもあります。

新型コロナウイルスの初期症状には何がありますか?

初期症状には、発熱や喉の痛み、倦怠感、頭痛などが多く見られます。

新型コロナウイルス感染症に、特徴的な症状はありますか?

いわゆる風邪と見分けがほとんどつかず、判別の基準になるような特徴的な症状はありません。

味や匂いの変化は治りますか?

様々な報告がありますが、1ヶ月程度で6〜8割程度の方は回復するようです。

コロナ後遺症ではどのような症状が見られますか?

倦怠感や頭痛、咳、息切れ・動悸、味覚や嗅覚の障害、脱毛など、さまざまな症状が報告されています。

コロナワクチンの副反応にはどんな症状がありますか?

注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛、寒気、下痢などが接種後に起こると報告されています。多くの場合数日以内に回復します。

コロナワクチンの接種回数(1・2回目、3回目、4回目)や接種する人の年齢(子供・乳幼児など)によって副反応の出方は異なりますか?

通常、接種1回目よりも2回目のほうが副反応が出る頻度が高くなることや、3回目以降の副反応の出やすさは2回目と概ね同程度であることが確認されています。

コロナワクチン接種後に発熱した場合、どうしたらよいですか?

水分をしっかり摂り、必要に応じて解熱鎮痛剤を服用しましょう。

コロナ5類移行後は、これまでと最新の症状に違いはありますか?

5類に移行したからといって、コロナウイルスに違いはありません。

コロナは感染してから何日で発症しますか?

1〜7日ほどで発症します。

診断について

受診について

薬について

新型コロナワクチンの効果を教えてください。

新型コロナウイルスへの感染や、感染症の発症・重症化を防ぐ効果があります。

なぜコロナワクチンの追加接種が必要なのでしょうか?

ワクチン接種完了から数ヶ月で感染や発症を防ぐ効果が失われていくため、追加接種が必要とされています。

コロナワクチンの接種間隔はどのくらい空ければよいですか?

2回目接種は初回接種の3〜4週間後(メーカーにより異なります)、3回目接種は3ヶ月以降に可能となります。

コロナワクチンとインフルエンザワクチンなどの他のワクチンを同時に接種しても問題ありませんか?

インフルエンザワクチンは、コロナワクチンと同時に接種しても問題ありません。インフルエンザ以外のワクチンは、2週間以上空けて接種するようにしましょう。

現在接種できるコロナワクチンの種類を教えてください。

2022年11月現在、ファイザー社、モデルナ社、武田薬品社(ノババックス)のコロナワクチンが接種できます。

ファイザー社とモデルナ社のワクチンに違いはありますか?

効果に大きな違いはなく、接種後の副反応も同程度に生じます。ただし、副反応の発生時期には多少の差があるとの報告があります。

オミクロン株対応ワクチンとは何ですか?

mRNAワクチンの1つで、従来株とオミクロン株の両方に対して効果が期待される「2価ワクチン」のことを指します。

子供向け

手続きや支援について

医師向け

関連する症状や病気

この記事をシェアする

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる(無料)
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す(無料)
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる(無料)
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる(無料)

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。