基本的には、PCR検査や抗原検査を行い、陽性が確認されたら診断を下します。
ただし、濃厚接触者に該当する方が発症した場合、検査を行わずに近辺での感染状況のみから「みなし陽性」と判断し、コロナウイルス感染症の診断を下すこともあります。
(感染拡大している時期や都道府県においてみなし陽性での診断が可能とされます)