療養期間を過ぎたあとも、倦怠感や頭痛、咳、集中力の低下、体力の低下を感じる場合がありますが、半年ほどで多くの方が改善していきます。
ただし、その間は症状にあわせて働き方をうまく調整したり、服薬して症状に対処したりする必要があります。
もちろん、後遺症と断定する前に、ほかの病気が隠れていないかきちんと調べることも重要です。