流行株によって、よく見られる症状や感染力に違いがあります。
たとえばオミクロン株だと、発熱・咳・喉の痛みなど風邪のような症状が多いとされています。
また、人から人へのうつりやすさは、これまでのアルファ株やデルタ株よりオミクロン株では高まっていると報告されています。