夏場の高温多湿の環境下で大量の汗をかくと、汗を排出する通り道が詰まってしまいます。
これにより、周囲の組織が刺激されて炎症が生じ、発疹(赤みやぶつぶつなど皮膚にできる症状の総称)が起こります。