ユビー

房室ブロック・洞不全症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也

房室ブロック・洞不全症候群について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

房室ブロック・洞不全症候群と関連性のある病気

適切な診療科

房室ブロック・洞不全症候群でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

房室ブロック・洞不全症候群とは

心臓には手拍子のように一定のリズムを刻む電気信号が走っています。これがペースメーカーとなり、心臓が規則的に動いています。この信号がうまく伝わらないと、動きが不規則になります。いわゆる不整脈の一種で、動悸やめまい・意識消失で発見されます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 意識消失は、歩いたり何かしている時
  • 両親・兄弟・子供で50歳以下で突然亡くなった人がいる
  • 脈が乱れていると感じる
  • 意識を一時失った
  • 頭や体がぐらぐら揺れているような感じ

対処法

いくつかの種類があり、一部は生命に関わります。まずは医療機関を受診してください。

近所の病院検索

房室ブロック・洞不全症候群の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也

診療科・専門領域

  • 内科
  • 循環器内科
京都大学医学部卒。田附興風会医学研究所北野病院で臨床研修、仁生社江戸川病院で循環器内科医として勤務。Ubie社での勤務を経て、東日本橋内科クリニック院長。
監修医師詳細