ユビー

薬剤性過多月経
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

「薬剤性過多月経」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

薬剤性過多月経と関連性のある病気

適切な診療科

薬剤性過多月経でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「薬剤性過多月経」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

血液をサラサラにする薬を飲んでいる場合、月経(生理)時の出血が通常より多くなることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 生理の出血量や出血期間がおかしい
  • 生理の出血量が生活に支障をきたすほど多い

対処法

貧血になったり、日常生活に支障をきたす場合は、内服の調整が必要になるので、処方してもらっているかかりつけの病院で相談してください。

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

診療科・専門領域

  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
新潟大学医学部卒。東北大学大学院医学系研究科で医学博士を取得。 東京都立多摩総合医療センター、国立成育医療研究センターなど総合周産期センターの最前線で母体救命、胎児診療、臨床研究に従事。 現在は、Ubie株式会社でAI問診プロダクトを開発しながら、FMC東京クリニックにおいて胎児超音波や出生前相談外来を、東京フェリシアレディースクリニックなどにおいて産婦人科診療全般を担当している。
監修医師詳細