「薬剤性肥満」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

薬剤性肥満

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 太っている
  • 心当たりがないのに1ヵ月で2kg以上体重が増えてしまった
  • 精神科・心療内科から薬や睡眠薬を処方されている
  • ステロイド(プレドニン・デカドロン・メドロール等)を内服している
  • 意欲が低下している
  • 夜によく眠れない
  • 摂っているカロリーのほうが消費しているカロリーより多い気がする

対処法

通常、すぐに生命に関わる深刻な状態になることはあまりありませんが、治療や診断には医療機関での受診・検査が必要です。症状が続く・悪化する・あるいは何か気になる症状がある場合は、早めに医師に相談してください

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
薬剤性肥満との関連性
受診すべき診療科
薬剤性肥満でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「薬剤性肥満」について気になる症状をまず1つ教えてください。

体重が増えた
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医