ユビー

薬剤性肥満
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
阿部 吉倫

かんたん3分(無料)

薬剤性肥満があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

薬剤性肥満について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
薬剤性肥満に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
薬剤性肥満に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

薬剤性肥満とは

薬の影響で食欲が増したり、代謝のバランスの異常を起こしたりすることによるものです。精神科からの処方薬で多いとされています。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 太っている
  • 心当たりがないのに1ヵ月で2kg以上体重が増えてしまった
  • 精神科・心療内科から薬や睡眠薬を処方されている
  • ステロイド(プレドニン・デカドロン・メドロール等)を内服している
  • 意欲が低下している
  • 夜によく眠れない
  • 摂っているカロリーのほうが消費しているカロリーより多い気がする

対処法

処方薬が疑わしいなら、主治医に中止すべきかどうかを相談します。市販薬であれば自己判断で中止をします。ほかサプリメントや漢方薬の類も疑います。

近所の病院検索

薬剤性肥満の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

薬剤性肥満について、医師からのよくある質問

  • お腹だけでなく、全体的に太っていると感じていますか?
  • 1ヶ月で2kg以上、心当たりがないのに体重が増えましたか?
  • 現在、精神科・心療内科の薬や睡眠薬を飲んでいますか?
  • 現在、ステロイド(プレドニン・デカドロン・メドロールといった名前です)を内服していますか?
  • 最近、意欲が低下していると感じますか?
監修医師の画像

監修医師

阿部 吉倫

診療科・専門領域

  • 内科
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細