「過敏性肺臓炎」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

過敏性肺臓炎

羽毛や真菌(カビ)など特定の物質を吸入することで肺にアレルギー反応が起こり、空咳や息苦しさが出ます。大量の抗原を吸入して急に発生する急性型と、少量の抗原を繰り返し吸入することで進行する慢性型があります。どちらも重症では呼吸不全(体に必要な酸素を取り込めなくなること)に至る可能性があります。

次の症状などが特徴として見られます。

  • せきが出る
  • 息苦しさを感じる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 体温が普段より高い
  • 鳥を飼っていたり、羽毛布団やダウンジャケットを使っている
  • 体のだるさがある
  • たんに血が混ざる

原因物質の回避が基本ですが、重症の場合は迅速な抗炎症治療を必要とします。原因物質が特定された場合は、その原因を徹底的に生活環境から取り除くことが最も重要かつ有効です。他の病気が原因で同様の症状が起きている可能性もあるので、呼吸器内科を受診してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
過敏性肺臓炎の可能性
病院に行くべきか
過敏性肺臓炎でおすすめの病院

「過敏性肺臓炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

動悸がする
痰に血が混ざる
食欲がわかない
息がヒューヒューする
体がだるい
発熱がある
息が苦しい
咳が止まらない
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要