「慢性閉塞性肺疾患」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

タバコ煙をはじめとする有害物質を持続的に吸入することで肺の細い気管支に炎症を起こし、気管支が細くなり呼吸に支障がでます。肺胞が破壊されて肺気腫という状態になることもあります。初期には症状がないことも多いですが、咳や痰がでたり、動作の時に息切れを感じるようになります。骨粗しょう症や栄養障害、気分障害など全身の病気と関わっています。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • せきが出る
  • 息苦しさを感じる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • タバコを吸っているか、昔吸っていた
  • ピンク・赤色の血が混ざっているたんが出る
  • たんが出る

対処法

狭くなった気管支を拡げる吸入薬を使用して治療を行います。生活習慣に深くかかわる病気で、喫煙している方は禁煙が重要です。風邪や肺炎がきっかけで急激に病状が悪化し命にかかわることがあるので、手洗い・うがいなど感染予防に努めましょう。インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されます。運動不足などにより筋肉がやせることで病状が進行しやすいので、無理のない範囲の運動を継続しましょう。呼吸器内科を受診してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
慢性閉塞性肺疾患との関連性
受診すべき診療科
慢性閉塞性肺疾患でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「慢性閉塞性肺疾患」について気になる症状をまず1つ教えてください。

むくみがある
声がかすれる
息がヒューヒューする
痰が絡む
咳が止まらない
息切れ
体がだるい
息が苦しい
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています