「ウイルス性細気管支炎」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

ウイルス性細気管支炎

乳幼児のかぜ・肺炎の原因で最多です。特別な治療法はありません。軽症のかぜに留まる場合もありますが、小さい乳児ほど重症化しやすく、将来的な喘息発症リスクが高まります。咳が止まらない・呼吸が早い・ゼイゼイする等の症状が出現した場合は入院が必要な場合もありますので病院を受診して下さい。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が普段より高い
  • せきが出る
  • 息苦しさを感じる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 周囲(学校や職場、家庭など)に同じような症状の人がいる
  • 鼻水が一番最初の症状、または唯一の症状

対処法

特別な治療はありませんが、呼吸の苦しさに応じて、酸素の投与などで対応します。咳き込みで吐く、水分がとれない、普段と呼吸の様子が異なる場合などは、受診を検討してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
ウイルス性細気管支炎との関連性
受診すべき診療科
ウイルス性細気管支炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「ウイルス性細気管支炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

鼻水が出る
顔色が悪い
息がヒューヒューする
痰が絡む
体がだるい
発熱がある
息が苦しい
咳が止まらない
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています