ユビー

進行流産
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

「進行流産」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

進行流産と関連性のある病気

適切な診療科

進行流産でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「進行流産」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

流産が進んでいる状態で、出血や腹痛があります。妊娠の継続は難しく、そのまま進むと胎児や妊娠組織が出血とともに出てきます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の下の方の痛みがある
  • 生理ではないのに、腟から出血または茶色・ピンク色のおりものがある
  • 直近3ヶ月に一度でも性行為があった
  • 生理の出血量や出血期間がおかしい
  • 冷や汗をかいている
  • 生理周期(生理から次の生理までの期間)がおかしい

対処法

自然に排出することもありますが、出血が多くなることもあり、出血や腹痛が続く場合は手術(子宮内容除去術)も検討されます。産婦人科受診をお勧めします。

監修医師の画像
監修医師
国立成育医療研究センター 臨床研究員
金沢 誠司

診療科・専門領域

  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
新潟大学医学部卒。東北大学大学院医学系研究科で医学博士を取得。 東京都立多摩総合医療センター、国立成育医療研究センターなど総合周産期センターの最前線で母体救命、胎児診療、臨床研究に従事。 現在は、Ubie株式会社でAI問診プロダクトを開発しながら、FMC東京クリニックにおいて胎児超音波や出生前相談外来を、東京フェリシアレディースクリニックなどにおいて産婦人科診療全般を担当している。
監修医師詳細