ユビー

子宮頚部異形成
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2024/03/28

監修医師:
小笹 勝巳

あなたの症状と子宮頚部異形成の関連をAIでチェックする

かんたん3分(無料)

子宮頚部異形成があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

子宮頚部異形成について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
子宮頚部異形成に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
子宮頚部異形成に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

子宮頚部異形成とはどんな病気ですか?

「子宮頸部異形成」とは、子宮頸がんの前段階の病変(前がん病変)です。主な原因はヒトパピローマウイルス(HPV)への感染で、基本的に症状はありません。異形成が軽度または中等度であれば経過観察、高度であれば子宮の切除が行われます。症状がなくても、産婦人科で定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。

子宮頚部異形成の特徴的な症状はなんですか?

次の症状などが特徴として見られます

子宮頚部異形成の専門医がいる病院を見る

子宮頚部異形成のQ&A

監修医師の画像

監修医師

小笹 勝巳 先生

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細