「進行性皮質下性血管脳症」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

進行性皮質下性血管脳症

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • ぼけがある、認知症と医師に言われている
  • ろれつが回らない
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 狭心症・心筋梗塞と医師に言われたことがある
  • けいれん発作があった
  • 体の左右どちらか半分が動かせない

対処法

通常、すぐに生命に関わる深刻な状態になることはあまりありませんが、治療や診断には医療機関での受診・検査が必要です。症状が続く・悪化する・あるいは何か気になる症状がある場合は、早めに医師に相談してください

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
進行性皮質下性血管脳症との関連性
受診すべき診療科
進行性皮質下性血管脳症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「進行性皮質下性血管脳症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

言葉が出て来ない
物忘れがある
食べ物がつかえる
何かに掴まらないと歩けない
気分が下がっている
けいれんしている
椅子から立ち上がれない
呂律が回らない
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています