ユビー

進行性皮質下性血管脳症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
原瀬 翔平

「進行性皮質下性血管脳症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

進行性皮質下性血管脳症と関連性のある病気

適切な診療科

進行性皮質下性血管脳症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「進行性皮質下性血管脳症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

皮質下性血管脳症は血管性認知症病型の一つです。血管性認知症はアルツハイマー型認知症に次いで多い認知症です。脳梗塞や脳出血に伴って、脳の神経細胞の機能が失われ、認知症が進行します。脳梗塞や脳出血は明らかな感覚、運動障害等で気づくこともありますが、気づかない程度の小さい脳梗塞を繰り返して発症することもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 物忘れがある
  • ぼけがある、認知症と医師に言われている
  • ろれつが回らない
  • 「名前」か「生年月日」が言えない
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 狭心症・心筋梗塞と医師に言われたことがある
  • 気持ちが落ち込んでいる
  • 性格が変わったり周りの人とコミュニケーションがうまく取れなくなった
  • けいれん発作があった
  • 血圧が高いと医師に言われたことがある

対処法

脳梗塞や脳出血後に急激に物忘れが進行した場合は脳血管性認知症を疑います。目に見える脳卒中を起こしていなくても、気づかないうちに進行している可能性があります。物忘れ症状がある場合はまずは認知症の検査ができる脳神経内科を受診してください。脳卒中によって壊された神経細胞は基本的には再生しないので、今後脳卒中を起こさないように血圧やコレステロールを含めた生活習慣病の管理が重要になります。

監修医師の画像
監修医師
原瀬 翔平

診療科・専門領域

  • 神経内科
  • 内科
東京都出身、中学・高校時代よりフィンランド・米国で過ごす。University of Washington (理学部、分子細胞生物学) 卒業後、アップルジャパン株式会社勤務を経て、琉球大学医学部に入学。沖縄県立中部病院での初期臨床研修(2016, 2017年度最優秀研修医賞受賞)修了後、2018年4月に亀田総合病院に入職。同院脳神経内科ベスト指導医(2019, 2020)を受賞。2018年から亀田総合病院卒後研修センター長補佐も兼任しており、臨床だけでなく研修病院における医学教育にも力を入れている。2021年には国立循環器病研究センター脳血管内科で超急性期脳卒中診療を行う。 総合内科の視野を持ちながらの脳神経内科領域、特に脳卒中を専門とする。急性期だけでなく予防、慢性期脳卒中による症候性てんかん、高次脳機能評価、リハビリ、等にも精通。頭痛、しびれ、物忘れ等の主訴にも柔軟に対応できる。 日本語、英語(ネイティブ)、中国語(日常会話)での対応も可能。
監修医師詳細