ユビー

気管狭窄症
との関連性をAIで無料でチェック

更新日:2/15/2022

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

気管狭窄症について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

気管狭窄症と関連性のある病気

適切な診療科

気管狭窄症でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

気管狭窄症とは

もともとの気管が狭く、呼吸に関する症状が出ます。出生直後から症状が出ることもあれば、生後1-3ヶ月で症状が出てくることもあります。ゼーゼーという音が聞こえたり、狭くなる範囲や程度が強くなると、呼吸が苦しくなったりします。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 息苦しさを感じる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 皮ふが青紫や青白い色になっている
  • 顔色が悪い

対処法

症状の程度をみて外科的な治療が必要か、経過を見るだけで大丈夫か判断する必要があります。

近所の病院検索

気管狭窄症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

気管狭窄症について、医師は以下のような質問をする可能性があります。

  • 現在、息苦しさを感じていますか?
  • ゼーゼー・ヒューヒューするような呼吸音がしますか?
  • 皮ふの色が青紫色になっていますか?
  • 現在、普段と比べて顔色が悪いですか?
監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細