ユビー

WDHA症候群
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:1/25/2023

監修医師:
濵﨑 秀崇

かんたん3分(無料)

WDHA症候群があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

WDHA症候群について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
WDHA症候群に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
WDHA症候群に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

WDHA症候群とは

腫瘍から分泌されるホルモン(VIP)が原因で、水のような大量の下痢とそれに伴う低カリウム血症・胃酸が分泌されないなどが症状が出現します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体のだるさがある
  • 便がゆるい・下痢をしている
  • 最近やせてきた
  • 食欲がない
  • 手足などに力の入らない部分がある
  • 顔が赤くほてっている
  • 胸がどきどきする

対処法

原因となる腫瘍について詳しく調べ、手術で治療します。専門医療機関(内分泌・外科)を受診してください。

近所の病院検索

WDHA症候群の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

WDHA症候群について、医師からのよくある質問

  • 体のだるさはありますか?
  • 便がゆるいか、あるいは下痢をしていますか?
  • 最近やせてきていますか?
  • 食欲がなく、食事量が減っていると感じますか?
  • 手足などに力の入らない部分はありますか?
監修医師の画像

監修医師

濵﨑 秀崇

診療科・専門領域

  • 内科
  • 糖尿病内科
  • 内分泌・代謝内科
【経歴】 2002年3月 東京大学理学部生物学科 卒業 2008年3月 広島大学医学部医学科 卒業 2008年4月 国立病院機構横浜医療センター研修医 2010年4月 国立国際医療研究センター病院糖尿病内分泌代謝科レジデント 2012年10月 国立国際医療研究センター国府台病院内科レジデント 2013年4月 国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 2016年3月 自治医科大学大学院医学研究科 卒業 2017年4月 医療法人泰水会濵﨑クリニック(現職) 2022年4月 University of Derby MBA Global 修了 東京大学理学部卒、広島大学医学部卒。 国立国際医療研究センター病院・国府台病院を経て、2017年4月より濵﨑クリニックに勤務。糖尿病を専門に、内科疾患および内分泌疾患を幅広く診療している。
監修医師詳細