採血のほか、超音波や胸部レントゲン、CT、MRIなどの画像検査を行うことが多いです。
画像検査では、画像をより見やすくするために、造影剤という薬剤を用いることがあります。