薬は基本的にはずっと飲みつづける必要があります。
再発などのリスクを下げるために、血圧や脂質、血糖などの数値を厳格にコントロールしていく必要があるためです。
一生涯にわたる服薬が必要となる場合もあります。