心房細動

公開日

最終更新日

Chads2スコアが何点以上であれば抗凝固薬を投与すべきですか?

東日本橋内科クリニック 循環器内科 院長

白石 達也 監修

1点以上で、抗凝固療法の開始が勧められます。

解説

CHADS2スコアは、心房細動の脳梗塞発症リスクの評価の指標になります。
以下のように計算し、1点以上で、抗凝固療法の開始が勧められます。
C:Congestive heart failure / LV dysfunctionうっ血性心不全:1点
H:Hypertension 高血圧 1点
A:Age 75歳以上 1点
D:Diabetes Mellitus 糖尿病 1点
S:Stroke / TIA 脳卒中、TIAの既往 2点

また、スコアが高ければ高いほど、年間の脳梗塞発症率が高くなります。
脳梗塞のなりやすさとCHADS2スコアの関係を示した図です

ユビーは、医師・医療機関向けに様々なサービス提供をしています。
おすすめのQ&A

心房細動の薬物治療中です。最近、不整脈や動悸が増えています。色々気になることがあって質問します。

8年前から心房細動の薬物治療中です。突然、脈の乱れ、強めの動悸などがあり、すぐ治まる時や半日以上続くことがあります。30歳代で、人間ドックで「WPW症候群」と指摘され、その薬物治療したのですが、尿が出なくなり医師からすぐやめるように言われ、その後は治療も行わずいました。 8年前に不整脈の症状が多くなり、その時は心電図から「心房細動」と言われWPW症候群はないと言われました。 現在はベプリジル100mgを日に2回、他にフルバスタチン、フェブキソスタットなど飲んでいます。一月前から症状が増えてきて、先日頓服でピルジカイニドいただきました。半日以上動悸が強かった時に服薬しましたら30分ほどで治りました。CHADS2スコアにかからないので今のところ薬物治療とのことです。強い症状は月に2〜3回発作があり、そのほか軽い症状ですぐ治まる症状はそれより多くあります。 以下のことがお伺いしたく、「wpw症候群が消えてしまい、心房細動に移行することはあるのか」「CHADS2スコアにかからないので今のところ薬物治療ですが、ずっとこのままで良いのか。薬物治療で今後悪化することはあるのか」「カテーテルアブレーションは何歳ごろまで可能か。危険性があるか」「カテーテルアブレーションは完治するのか。完治しない場合は薬物治療になるのか、完治せず今より症状が悪くなることはあるのか」についてご回答をお願いします。

質問者のイラスト

60代 / 男性

詳細に状況を教えてくださりありがとうございます。ご質問に一つずつ回答させていただきます。

wpw症候群が消えてしまい、心房細動に移行することはあるのか

WPW症候群自体は、心臓の中の電気の通り道が余分にある(副伝導路といいます)ことで心電図が通常と変わって見えるのですが、この副伝導路が自然になくなってしまうことはなく、一時的に心電図に現れてない状態なのではないか?(=心電図上は消えているようにみえる状態)と考えます。

WPW症候群がある場合、10〜30%程度の方に心房細動がでると言われています。

移行した、というより、WPW症候群は一時的に心電図で見えない状態で、心房細動は新たに出てきたものと考えます。

CHADS2スコアにかからないので今のところ薬物治療ですが、ずっとこのままで良いのか。薬物治療で今後悪化することはあるのか

まずCHADS2スコアは、心房細動そのものの重症度を示すスコアではなく、心房細動によって血栓ができるリスクを表すスコアになります。

このCHAD2スコアがゼロであれば、血をさらさらにする薬を必要とせず、1点以上であれば血をさらさらにする薬を飲むか考慮します。

心房細動自体は徐々に頻度や持続時間が増えてくることが一般的です。抗不整脈薬(ペプリコールやサンリズム)を飲むことで長年でてこない、という方もいらっしゃいますが、だんだん増えてきているということですと、ずっと同じ治療を続けた場合は、徐々に心房細動の頻度が増えて、逢とんどの時間が心房細動になるときが来ると考えられます。

カテーテルアブレーションは何歳ごろまで可能か、カテーテルアブレーションは完治するのか、完治しない場合は薬物治療になるのか

正確にはカテーテルアブレーションを行う医師と一度話してみたほうが詳細はわかります。(心臓の形なども調べた上でカテーテルアブレーションは治療方針を決定します。)

基本的にはお元気で体力があればガイドライン上の年齢制限はありませんが、体力がない・心臓のほかの病気がある・一定以上高齢ですと、稀ではありますが、心タンポナーデなどの危険な合併症のリスクがあがります。施設によってある程度このくらいの年齢まで、というような目安を設けているところもあります。

また心房細動が進行した状態ですとカテーテルアブレーションを行った後に再発するリスクも高くなりますので、ある程度の発作の頻度の状態でカテーテルアブレーションを受けることが望ましいです。完治して薬が不要になることもありますがその見込みは詳細な検査を受けた上でカテーテルアブレーションを行う医師に尋ねることが望ましいです。

カテーテルアブレーションで完治しない場合、あるいは受けない場合は、薬で治療を継続します。

昨年も夏に症状が多く出てのですが、暑さ、仕事のストレスなどで症状が一時期悪化することはあるのか

脱水などが原因で心房細動の頻度は増えます。またストレスや寝不足なども関係します。水分摂取などは意識的にしていただくことが望ましいです。

カテーテルアブレーションなどは数日の入院も必要ですし、心臓の手術となるとかなり怖いと感じられると思いますが、近年はかなり安全性も高まり、成功率も高まっています。

まだ60歳代で平均寿命までまだまだある状況ですので、心房細動をカテーテルアブレーションで治療するメリットも大きい段階です。あらためて詳細な話を、かかりつけ医やあるいはカテーテルアブレーションを行う医師に聞いてみてもいいのではないかと考えます。

お大事になさってください。

医師の回答を見る

関連するQ&A
関連する病気と症状

(参考文献)

こちらの記事は参考になりましたか?
よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

こちらは送信専用のフォームです。氏名やご自身の病気の詳細などの個人情報は入れないでください。

この記事をシェアする

他に気になることを調べたい方は

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。