年齢別の降圧目標

  • 75歳未満では診察室で130 / 80 未満、家庭血圧125 / 75 未満
  • 75歳以上では診察室で140 / 90 未満、家庭血圧135 / 85 未満

を目指す。

  • 75歳以上でも、併存疾患によって収縮期血圧130mmHg未満が目標とされる場合は140を到達したあと個別に判断し目指す。
  • エンドオブライフにある高齢者は予後改善目的の降圧薬適応はなく中止も検討する

併存疾患・状況別の降圧目標

抗血栓薬内服中の方

  • 130 / 80 未満を目指す

脳血管疾患

  • 脳出血 / くも膜下出血 / 脳梗塞(両側頚動脈狭窄や脳主幹動脈の狭窄ない)
  • 130 / 80 mmHg未満を目標
  • 脳梗塞(両側頚動脈狭窄や脳主幹動脈の狭窄があるか、未評価)
  • 140 / 90 mmHg未満を目標

心疾患

  • 虚血性心疾患 / 心房細動
  • 130 / 80 mmHg 未満を目標
  • 心不全
  • HFrEF 110-130 mmHg (2)より
  • ACE阻害薬、ARB、β遮断薬、MRA、利尿薬、Ca拮抗薬(長時間作用型のジヒドロピリジン系以外は避ける)
  • HFpEF 130 mmHg未満を目標
  • 利尿薬を中心とした降圧薬療法

腎不全

  • 蛋白尿あり(0.15g/gCr以上)で 130 / 80mmHg未満を目標
  • RA系阻害薬を推奨
  • 透析患者
  • 現段階では数値目標を決定することは困難で、出血性合併症を生じず、内シャント血流を維持できて透析中の血圧低下を生じない程度で患者ごとに安全域を定めるのが現実的。
  • (HD 後収縮期血圧 110 mmHg 未満および180 mmHg 以上は,140〜149 を基準とした場合,心血管死亡率が,それぞれ,2.8 倍,2 倍増加する)

大動脈疾患

  • 大動脈解離(慢性期)
  • 収縮期血圧130mmHg未満を目標
  • 大動脈瘤
  • 収縮期血圧105~120mmHgに維持することが望まれる

生活習慣の是正

  • 食塩摂取の制限 <6g/day
  • 24時間蓄尿や随時尿中のNaから推定も可能
  • 随時尿Naおよび尿Crからの推定
  • 野菜・果物の摂取
  • 飽和脂肪酸・コレステロールの摂取を控える
  • 多価不飽和脂肪酸および低脂肪乳製品の摂取
  • 適正体重の維持 BMI < 25
  • 運動(軽強度の有酸素運動を 30min/dayあるいは180分min/week 以上)
  • 飲酒制限(エタノール換算で 20-30ml/day(男), 10-20ml/day(女))
  • 禁煙