バセドウ病の薬の服用をやめられる確率は約60〜80%、服薬終了後に再発する確率は30%以上と報告されています。
再発が起こっていないかを見るためにも、服薬をやめたあとも、年1回は甲状腺機能のチェックが必要です。

なお、服薬終了後の再発を2回以上繰り返す場合や、甲状腺の腫れがひどい場合、服薬をやめられる確率が低いため、薬物治療以外の治療法をとることも検討します。