血液検査を行って、甲状腺ホルモンの上昇が見られるか・バセドウ病に特徴的な自己抗体があるかどうかを調べます。
また、腫瘍などが原因で甲状腺のはたらきに異常が起こることもあるため、甲状腺エコーで甲状腺内に異常がないかを調べます。
ほかに、甲状腺シンチグラム検査という、甲状腺に集まりやすい物質が過剰に集まっていないかを画像で見る検査を行う場合もあります。