日本では抗甲状腺薬を用いた薬物療法が最も一般的です。
重症の場合、ヨウ化カリウムという薬を併用することもあります。
また軽症の場合、ヨウ化カリウムのみで治療を行うこともあります。

薬だけではよくならない場合には、甲状腺を小さくする放射線治療や、甲状腺の全摘手術の実施を検討します。