腰痛

最終更新日

腰痛に効果のある薬はありますか?

山田記念病院 整形外科 整形外科部長

濱畑 智弘 監修

回答

急性の腰痛、慢性の腰痛、坐骨神経痛など、腰痛の種類によって有効な薬が異なります。

解説

腰そのものが原因である場合には、痛み止めの飲み薬や湿布を使います。
急性の腰痛、慢性の腰痛、坐骨神経痛など、腰痛の種類によって有効な薬は異なります。

急性の腰痛

痛みが始まってから4週間未満の腰痛です。
この場合は、炎症を抑えるタイプの痛み止めや筋肉の緊張を和らげる薬を使います。
強い痛み止めの副作用として、長期間使用すると胃や腎臓に負担がかかることがあるため注意が必要です。

慢性の腰痛

痛みが始まってから3か月以上経過した腰痛です。
この場合も痛み止めを使いますが、長期間使っても胃や腎臓に負担がかからない薬を使用する場合が多いです。
また、痛みの感じ方を低下させる薬などがあります。
副作用として、日中に眠気が強くなる場合があるため注意が必要です。

坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症といった、神経を圧迫する病気が原因で、腰痛やお尻、太ももの裏に痛みを生じる病気です。
この場合は、神経の炎症を抑える痛み止めや、神経痛を緩和させる薬を使います。
痛み止めは長期間の使用で胃腸や腎臓に負担をかける場合がある点、神経痛を緩和させる薬は日中の眠気やふらつきを生じる場合がある点に注意が必要です。

関連する病気と症状

(参考文献)

腰痛が気になる方はチェック

腰痛に関連する病気や症状

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社