サービス改善のアンケートにご協力ください 📝
インタビュー協力で、Amazonギフト券3,000円がもらえます!
尿路結石

公開日

最終更新日

衝撃波で石を壊す治療をしたら、身体に影響はありますか?

自治医科大学 泌尿器科

秋元 隆宏 監修

治療の種類によっては、一時的な血尿などの合併症が生じるリスクがあります。

解説

治療の合併症はいくつかあります。
近年では、衝撃波を利用して尿路結石を破砕する方法として、①体の内側から衝撃波を当てる方法と②体の外側から衝撃波を当てる方法の2つがあります。

体の内側から衝撃波を当てる方法

経尿道的腎尿路結石破砕術(TUL)やレーザーを用いた経尿道的膀胱砕石術(TUVL)や経皮的腎砕石術(PNL)、内視鏡併用腎内手術(ECIRS)などが該当します。麻酔をした上で、内視鏡を用いて尿路結石にレーザーを近づけ、レーザーから発生させた衝撃波によって結石を破砕する方法です。
この方法では生理食塩水を流しながら内視鏡を尿管や腎盂に進めるため、腎盂腎炎や前立腺炎などの感染症、血尿、痛み、頻尿、尿管などの損傷、麻酔の合併症などを生じる可能性があります。危険な合併症が起こる可能性がある時は、途中でも一旦手術を終了して別日に再度行うこともあります。このように安全性を担保して実施するため、1度の施術では砕石しきれない可能性も若干あります。

体の外側から衝撃波を当てる方法

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)が該当します。全身麻酔はせずに、痛み止めなどを使用しつつ、体の外から弱い衝撃波をいくつも当てて結石のあたりで衝撃波を収束させ、結石を破砕する方法です。
体の内側から行う手術と異なり、レントゲン検査で石の位置を確認しつつ衝撃波を当てるため、呼吸などで腎臓の位置が動くと、石の座標がずれてしまいます。入院期間が短い点と結石を破砕する効果がある点はメリットですが、周囲の臓器にも衝撃波が当たってしまう、結石が大きく割れると逆に詰まってしまうといったデメリットもあります。この治療法の最も重要な合併症は腎被膜下血種で、主に腎結石に対してこの治療を行う際は要注意となります。腎被膜下血種は無症状のこともありますが、背部痛吐き気、嘔吐を生じることがあります。施行後日に日に痛くなるといった場合には、早めに治療した病院に受診しましょう。血尿や発熱なども生じる可能性があります。

術後の身体への影響は軽いものから重いものまでありますが、いずれの治療後も、早めに合併症に気がつくことができれば軽症のうちに対応できます。手術の内容によっては、薄い血尿頻尿などが術後しばらく続くこともありますが、どのような時に受診すべきか、あらかじめ担当の先生と相談しておきましょう。そして必要性を感じた時は、なるべく我慢せずに受診してください。

サービス改善のためのアンケートにご協力ください

インタビューにご協力いただくと
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

アンケートに回答する(所要時間1分)

関連する病気と症状

(参考文献)

この記事をシェアする

尿路結石に関連する病気や症状

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。