ユビー

膿胸
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
折茂 圭介

「膿胸」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

膿胸と関連性のある病気

適切な診療科

膿胸でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「膿胸」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

肺を包む胸膜と胸壁の内側を覆う胸膜の間の空間に膿が溜まってしまう病気です。細菌が感染することによって起こり、感染をうまく制御できないと慢性膿胸という状態に移行します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が37.5℃以上
  • 胸の痛みがある
  • たんが出る
  • 黄色または緑色のたんが出る
  • 背中の上のほうの痛み
  • せきが出る
  • 背中の痛みがある
  • 寒気がする

対処法

原因となる細菌に対しての抗生剤に加え、チューブを膿がある部位に留置し、膿を体外に排出することが必要です。効果が十分でない場合や、慢性膿胸に移行してしまった場合には、手術が必要になる場合があります。

監修医師の画像
監修医師
折茂 圭介

診療科・専門領域

  • 呼吸器内科
東北大学医学部卒。東京都立駒込病院での初期研修を経て東京女子医科大学呼吸器内科入局。大学院で国立成育医療研究センター研究所 免疫アレルギー感染研究部に国内留学。博士課程修了後、同研究室で研究員として勤務。専門は呼吸器内科学、特に喘息をはじめとするアレルギー学。
監修医師詳細