「脊髄膿瘍」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

脊髄膿瘍

背骨の周りは菌に対する抵抗力が低く、細菌感染の際に膿を生じることがあります。神経の通るスペースがあまり広くないことから、膿による神経の圧迫を生じ麻痺につながることがあります。

抗生物質による加療や安静が必要になります。尿が上手く出せなくなる、足に力が入りにくく上手く歩けないといった症状が出た場合には、早急に手術が必要になることがあります。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
脊髄膿瘍の可能性
病院に行くべきか
脊髄膿瘍でおすすめの病院

「脊髄膿瘍」について気になる症状をまず1つ教えてください。

顔の感覚がおかしい
平衡感覚がおかしい
腰が痛い
背中が痛い
力が入らない
しびれがある
発熱がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要