ユビー

化膿性脊椎炎・椎間板炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
濱畑 智弘

「化膿性脊椎炎・椎間板炎」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

化膿性脊椎炎・椎間板炎と関連性のある病気

適切な診療科

化膿性脊椎炎・椎間板炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「化膿性脊椎炎・椎間板炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

脊椎骨への感染により、持続する腰痛や発熱を生じる病気です。背骨やそのクッションである椎間板のすぐ近くで菌の感染を生じた場合や、背骨から離れた部位に感染した菌が血流に乗って辿り着くことで背骨の周囲に感染を生じる場合があります。尿が上手く出せなくなる、足に力が入りにくく上手く歩けないといった症状が出た場合には、早急に手術が必要になることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が37.5℃以上
  • 腰の痛みがある
  • 背中の痛みがある
  • 透析をしている

対処法

菌の感染を起こした骨は脆くなるため、安静やコルセットによる固定が重要になります。長期間の抗菌剤による加療が必要になることもあるため、十分に治療を続けましょう。

監修医師の画像
監修医師
濱畑 智弘

診療科・専門領域

  • 整形外科
慈恵医大を卒業。 浅ノ川総合病院、厚生中央病院を経て2021年4月より浅草病院 整形外科に勤務。 整形外科一般および人工関節置換術を専門とする。 より広い視点で医療を捉えなおすことが出来るように2020年4月より立教大学ビジネスデザイン研究科に入学し、2022年3月卒業しMBA取得予定。
監修医師詳細