ユビー
気になる症状はユビーアプリで簡単チェック

化膿性脊椎炎・椎間板炎
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2024/04/18

監修医師:
濱畑 智弘(山田記念病院 整形外科・部長)

あなたの症状と化膿性脊椎炎・椎間板炎の関連をAIでチェックする

かんたん3分(無料)

化膿性脊椎炎・椎間板炎があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

化膿性脊椎炎・椎間板炎について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
化膿性脊椎炎・椎間板炎に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
化膿性脊椎炎・椎間板炎に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

化膿性脊椎炎・椎間板炎と特に関連する症状について

次のような症状がある方はご注意ください。

背中の痛みがある

症状の出方
全く前ぶれのない突然の発症だった
症状の程度
人生最大の痛み、もしくは想像出来る中で最大の痛み

体のだるさがある

症状の程度
だるさで起き上がるのも苦労する

頭がボーっとする、すっきりしない

症状の程度
(他人から見て)呼びかけに反応出来ない瞬間があった
症状の経過
改善も悪化もしていない
自覚した時期
2週間以内から

しびれや感覚のおかしさがある

自覚した時期
1か月以上前から
症状の出方
全く前ぶれのない突然の発症だった

化膿性脊椎炎・椎間板炎とはどんな病気ですか?

脊椎骨への感染により、持続する腰痛や発熱を生じる病気です。背骨やそのクッションである椎間板のすぐ近くで菌の感染を生じた場合や、背骨から離れた部位に感染した菌が血流に乗って辿り着くことで背骨の周囲に感染を生じる場合があります。尿が上手く出せなくなる、足に力が入りにくく上手く歩けないといった症状が出た場合には、早急に手術が必要になることがあります。

化膿性脊椎炎・椎間板炎への対処法は?

菌の感染を起こした骨は脆くなるため、安静やコルセットによる固定が重要になります。長期間の抗菌剤による加療が必要になることもあるため、十分に治療を続けましょう。

化膿性脊椎炎・椎間板炎の専門医がいる病院を見る

化膿性脊椎炎・椎間板炎のQ&A

化膿性脊椎炎・椎間板炎について、医師からのよくある質問

  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • 背中が痛みますか?
  • 腰が痛みますか?
  • 【透析(血液透析、腹膜透析など)】をしていますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

山田記念病院 整形外科・部長
濱畑 智弘 先生

診療科・専門領域

  • 整形外科
慈恵医大を卒業。 浅ノ川総合病院、厚生中央病院を経て2021年4月より浅草病院 整形外科に勤務。 整形外科一般および人工関節置換術を専門とする。 より広い視点で医療を捉えなおすことが出来るように2020年4月より立教大学ビジネスデザイン研究科に入学、2022年3月に卒業しMBA取得。
監修医師詳細