ubie logo

「腸腰筋膿瘍」との関連性を無料でチェック
AI受診相談ユビー

腸腰筋膿瘍

腸腰筋は腰の骨と太ももの骨をつなぐ筋肉で、股関節を曲げる際に使用します。この筋肉の中に菌が感染し、膿を生じる病気です。高齢者や糖尿病のある方など免疫力が低下している場合に生じやすいとされます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 腰の痛みがある
  • 体温が普段より高い
  • 腰の痛い部位を押すと痛みが強まる
  • 背中の痛みがある
  • 足のつけねが痛い

対処法

長期間の抗生物質による加療や安静や、時にドレナージという処置が必要になります。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
腸腰筋膿瘍と関連性のある病気
受診すべき診療科
腸腰筋膿瘍でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「腸腰筋膿瘍」について気になる症状をまず1つ教えてください。

腰が痛い
発熱がある
背中が痛い
足の付け根が痛い
食欲がわかない
頭がぼおっとする
しびれがある
体が痛い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する