「梅毒(梅毒性脱毛を含む)」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

梅毒(梅毒性脱毛を含む)

梅毒トレポネーマによる性感染症で、症状のない時期をはさんで3段階で進行します。早期の診断治療が重要です。第1期(感染後約3週間)には感染した部分にしこりやただれが生じ、足の付け根が腫れたりします。第2期(約3か月後)は全身に広がりピンク色のあざや脱毛がみられます。第3期(数年後)には皮膚にゴムのような腫瘤ができ、心臓、血管、神経などに障害が出てきます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 陰部やお尻の皮ふに異常がある
  • むくみがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 淋病・クラミジアなどの性感染症にかかったことがある
  • けいれん発作があった

対処法

早期の診断、治療が必要になります。また性行為によって伝染する感染症ですので、パートナーに移さないように配慮してください。ピンポン感染を防ぐため、パートナーと同時に病院を受診し、治療をすることが推奨されます。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
梅毒(梅毒性脱毛を含む)との関連性
受診すべき診療科
梅毒(梅毒性脱毛を含む)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「梅毒(梅毒性脱毛を含む)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

肩甲骨が痛い
発熱がある
喉が痛い
体がだるい
発疹がある
むくみがある
皮膚が赤く点々としている
皮膚に異常がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています