ubie logo

「梅毒(梅毒性脱毛を含む)」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

梅毒トレポネーマによる性感染症で、症状のない時期をはさんで3段階で進行します。早期の診断治療が重要です。第1期(感染後約3週間)には感染した部分にしこりやただれが生じ、足の付け根が腫れたりします。第2期(約3か月後)は全身に広がりピンク色のあざや脱毛がみられます。第3期(数年後)には皮膚にゴムのような腫瘤ができ、心臓、血管、神経などに障害が出てきます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに何らかの異常がある
  • むくみがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 淋病・クラミジアなどの性感染症にかかったことがある
  • けいれん発作があった
  • 他人の話すことは理解できるが、自分の思っていることを言語に表現できない
  • 体の左右どちらか半分が動かせない
  • 特定のパートナー以外との性交渉が1ヶ月以内にある
  • 誰かに狙われている気がする
  • 実在しないものが見えたり、声が聞こえたり、臭いがしたりする

対処法

早期の診断、治療が必要になります。また性行為によって伝染する感染症ですので、パートナーに移さないように配慮してください。ピンポン感染を防ぐため、パートナーと同時に病院を受診し、治療をすることが推奨されます。

「梅毒(梅毒性脱毛を含む)」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

梅毒(梅毒性脱毛を含む)と関連性のある病気

適切な診療科

梅毒(梅毒性脱毛を含む)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「梅毒(梅毒性脱毛を含む)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「梅毒(梅毒性脱毛を含む)」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/syphilis-d543 #ユビーAI受診相談 #梅毒(梅毒性脱毛を含む)
テキストをコピー