ユビー

血管迷走神経反射性
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

血管迷走神経反射性について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

血管迷走神経反射性と関連性のある病気

適切な診療科

血管迷走神経反射性でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

血管迷走神経反射性失神とは

緊張やストレスなどにより血圧の低下、脈拍の減少が出現することです。それに伴い脳への血の流れが減少するため、意識を失います。高齢者では排便、食後でも起きることがあります。通常は30秒程度で長くても1-2分程度です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 意識を一時失った
  • 首を動かしたあとに意識を失った
  • 意識消失は食事中・食事後だった
  • めまいがする

対処法

人間は様々な原因で失神を起こしうるので、失神を繰り返す場合は必ず医療機関を受診し、原因の検索を行います。血管迷走神経反射性失神と診断された場合は、ストレスを避けたり排便や食後に注意します。降圧薬などを内服している場合は主治医に相談しましょう。

近所の病院検索

血管迷走神経反射性失神の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

血管迷走神経反射性に関連する他の症状からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫

診療科・専門領域

  • 内科
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細