腰痛

最終更新日

腰痛の原因となる病気のうち、特に注意すべきものには何がありますか?

山田記念病院 整形外科 整形外科部長

濱畑 智弘 監修

回答

内臓や血管の病気、悪性腫瘍(がん)、細菌感染症、骨折には注意が必要です。

解説

腰痛の原因となる病気のうち、特に注意すべきものとしては、以下のようなものがあります。

内臓や血管の病気

腰痛に伴ってお腹の痛みがある場合には、胃・十二指腸潰瘍や急性膵炎、胆石・胆のう炎などの消化器の病気が疑われます。
また、胸の痛みがある場合には、心筋梗塞大動脈解離といった血管の病気の可能性があります。
いずれも対応を急ぐ必要があるため、病院を受診しましょう。

がんや細菌感染症

安静にしていても症状があまり改善しない場合、がんや細菌感染症の可能性があります。
特に、高齢者やがんの既往歴がある方の場合は注意が必要です。
また、ダイエットや長期入院など明らかな原因がないにもかかわらず体重減少が見られる場合も、がんの可能性を疑います。
脊椎そのものに腫瘍がある場合や、もともと他の場所に腫瘍があって転移した場合などがあります。
原因不明の発熱と腰痛がある場合には、腰椎で細菌感染症が起こっている可能性があります。
腰椎そのものや、椎間板という腰椎の間にあるクッションに、細菌感染を生じている場合が多いです。
細菌感染症にかかってしまった場合、入院して抗生物質による治療を受ける必要があります。

骨折

重いものを持ち上げたり尻もちをついたり、くしゃみをしたりした後に腰痛が始まった場合には、腰椎圧迫骨折という腰の骨の骨折の可能性があります。
特に70歳以上の方になると、小さなきっかけでも腰椎圧迫骨折を起こすことが多くなります。
安静にしなければだんだん骨が変形して症状が強まっていくおそれがあるため、腰椎圧迫骨折の疑いがあるようなら、医療機関を受診しましょう。

関連する病気と症状

(参考文献)

腰痛が気になる方はチェック

腰痛に関連する病気や症状

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
症状チェックする
無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社