「網膜中心動脈閉塞症」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

網膜中心動脈閉塞症

網膜を栄養する網膜中心動脈が閉塞して発症します。誘因としては、動脈硬化(特に首や心臓)、高血圧、血液粘性が上がるような疾患(特定の膠原病、多血症、薬剤など)があります。閉塞直後より視界が暗くなり、急激な視力低下を来たして、ほぼ失明状態となることが多いです。痛みはありません。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 片目が見えない
  • 視界の一部が見えなくなった
  • 最近目が見えにくくなった
  • 糖尿病・糖尿病予備群と医師に言われたことがある
  • 物の見え方がおかしい

対処法

誘因となる状態を予防することが第一です。発症した場合は、血栓融解薬物療法、眼球マッサージ、前房穿刺(眼圧を外科的に下げる)をできるだけ早く行うことが、少しでも視力を残すためにできることとなります。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
網膜中心動脈閉塞症との関連性
受診すべき診療科
網膜中心動脈閉塞症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「網膜中心動脈閉塞症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

視力が下がった
片目が見えない
視界がおかしい
目がちかちかする
目がかすむ
血圧が高い
目が痛む
白目が赤い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています