「緊張性気胸」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

緊張性気胸

肺を覆う膜(胸膜)に穴が開くことで肺のまわりに空気が漏れ出し、漏れた空気の圧よって、心臓や大血管を圧迫し血圧が下がっている状態です。胸の痛みに引き続き咳や息切れを起こし、めまいやチアノーゼ(指先や唇の血色が悪くなること)などを伴います。命にかかわる状態です。

次の症状などが特徴として見られます。

  • 息苦しさを感じる
  • 胸の痛みがある
  • 胸全体に症状がある
  • 背中の痛みがある
  • 冷や汗をかいている
  • 胸の左半分に症状がある

肺に穴が空き、胸の壁と肺の間に空気がたまり、血管や心臓を押しつぶしている状態です。息ができなくなったり意識を失う場合があり、命に関わります。胸に管を刺して空気を抜く必要があるので救急車で病院を受診して下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
緊張性気胸の可能性
病院に行くべきか
緊張性気胸でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「緊張性気胸」について気になる症状をまず1つ教えてください。

首の血管が張っているのが見える
左胸だけが痛む
冷や汗が出る
胸の皮膚の下に空気がある感じがする
胸全体が痛む
背中が痛い
胸が痛い
息が苦しい
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「緊張性気胸」と似た病気からも調べられます