ubie logo

「血管炎症候群(クリオグロブリン血症含む)」との関連性を無料でチェック
AI受診相談ユビー

血管炎症候群(クリオグロブリン血症含む)

全身のさまざまな血管に炎症が起こり、さまざまな症状を起こす病気の総称です。炎症を起こす血管の太さや、メカニズムによって10種類以上の病気に分類されます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 頭痛がある・頭が重い
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • 皮ふに点状の内出血がある
  • ささいなことでも血が出てしまう
  • 運動すると胸が締め付けられる感じがする
  • 鼻水が出る
  • 皮ふの下にコブ状のものが触れる
  • 皮ふにあみ目状、あるいは円のような模様が出来ている
  • 体温が普段より高い
  • けいれん発作があった

対処法

正確な診断と適切な治療を受けるために、専門医を受診して下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
血管炎症候群(クリオグロブリン血症含む)と関連性のある病気
受診すべき診療科
血管炎症候群(クリオグロブリン血症含む)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「血管炎症候群(クリオグロブリン血症含む)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

頭痛がする
皮膚が赤く点々としている
鼻水が出る
運動すると胸が苦しい
皮膚に点状の内出血がある
発熱がある
体がだるい
関節が痛む
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「血管炎症候群(クリオグロブリン血症含む)」と似た病気からも調べられます