お腹が張っている原因を正確に判断することが重要になります。
たとえば、胃腸の中の病気が原因であれば、食事の前後で症状が変わったり、お通じの具合が変化したりします。
症状が出るタイミングや以外の症状の有無といった詳しい症状の聞き取りや、症状に応じた検査によって、何が原因となっているかを特定します。

具体的にどのような検査を行うかは、考えられる原因によって変わります。
なんらかの腫瘍や炎症が原因となっているかどうかは、痛みの有無の聞き取りや血液検査などで確認します。
また、肝臓や子宮などの病気や妊娠が疑われるときは、超音波などの画像検査を行います。