早食い・食べすぎ・飲みすぎは避け、よく噛んで食べましょう。
適度な運動も胃腸の働きをよくするため、症状の改善につながる可能性があります。
ただし食後1時間程度は、消化器に負担がかからないよう、負荷のかかる運動などは避け、安静に過ごすことが望ましいです。
食事の直後はすぐ横にならず、ゆったりと楽な姿勢で過ごすようにしましょう。